イヌ ネコ 小動物 アクア オーナーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の五感はどれくらい発達しているのか?

一般に犬や猫といった動物は、人間に比べてはるかに身体能力が高く、五感も優れていると思われがちです。では、嗅覚、視覚、聴覚、味覚、触覚など、実際に猫はどのくらい五感が発達しているのでしょうか? その秘密を探ってみました。


【嗅覚】
嗅覚の発達した動物といえばすぐに犬を連想しますが、猫の嗅覚もなかなかたいしたもの。もちろん、嗅覚が人間の100万倍あると言われる犬には負けますが、猫のニオイを嗅ぎとる細胞は人間の2倍、またニオイを嗅ぎ分ける嗅覚は人間の数万~数十万倍あるといわれています。猫は、仲間や性別、上下関係、縄張りといったさまざまな情報を、ニオイを嗅ぐことで取得・判断しているのです。


【視覚】
まん丸くて大きな目をした猫は、人間に比べてとても目がいい動物だろうと思ってしまいそうですが、じつはそうでもありません。猫は人間に比べて近眼で、その視力は人間の10分の1程度といわれています。動かないものだと、せいぜい10~20メートル先のものしか見えません。しかし動くものには敏感で、50メートル先のものでも動けば暗くても反応します。また、人間に比べてはるかに夜目は効き、タペタムという反射板で光を反射させて暗いところでも小さな虫を見つけだすことができます。

【聴覚】
猫は耳に頼って生きているといっても過言ではないほど、聴覚の発達した動物です。人間は周波数2万ヘルツ程度の音までしか聞き取れないのに対し、猫は6万ヘルツもの超音波まで聞き取ることができます。また、猫の耳にはレーダーような機能があり、自分から音のした物体までの距離を正確に測ることができます。おまけに、猫は両耳を別々に動かし、それぞれの耳から入ってくる音を聞き分ける能力をもっています。猫にとって、五感の中で最もすぐれているのが聴覚なのです。


【味覚】
猫の飼い主にとっては、猫は味にうるさいグルメな生き物だというのが一般的でしょう。しかし、猫の味覚はそれほどでもないようです。猫はもっぱらニオイによって食べ物のおいしさを判断しているからです。もちろん、人間と同じく味蕾という味を感じる細胞があるため、苦み、甘み、酸味、塩辛さを感じることはできますが、味覚の点では人間のほうがはるかに上と言えるでしょう。

【触覚】
猫の触覚といった場合、それはほぼヒゲの機能を意味します。犬や猫のヒゲは「触毛」といって、非常に重要な感覚器官なのです。猫の触毛はじつは顔だけでなく全身のあちこちに生えていて、いわばアンテナやレーダーの役割をはたしています。この触毛の根元には多くの神経細胞が集まっていて、わずかな刺激でも敏感に感じ取ることができます。猫のヒゲは風向きや湿度や気圧の変化を感じ取ったり、周囲の障害物との距離を感じ取ったりと、猫が生きていく上で重要な情報を収集する役割をもっています。冗談でも勝手に切ったりしないようにしてください。


ペットの消臭剤
ミラクリーン
「ミラクリーン」を壁や床にスプレーすると、スプレーした部分からイオンが飛び立っていきます。悪臭源が壁の奥深くなどに染みこんでいる場合でも、イオンを放出し続け、わき出てくるニオイを破壊します。
お口スッキリおやつ。 美味しく楽しく口臭予防♪
グリニーズキャット サーモン
「グリニーズキャット」は、ワンちゃん用と同様に おいしくて、息が爽やかになるなどの効果のあるネコちゃん用おやつです。  研磨作用で歯垢を落とし、ネコちゃんの息を爽やかにします。
大きなダリアをあしらったネコちゃん用カラー
French Lucky CAT ダリアの猫用首輪
「French Lucky CAT ダリアの猫用首輪」は、深みのある上品な色合いのカラーに大きなダリアの花をあしらった、オシャレで可愛いネコちゃん用カラーです。
カテゴリ
フォトコン


最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。