イヌ ネコ 小動物 アクア オーナーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメと暮らそう! PART2=食事編=

ゼニガメを迎えて、暮らす場所が整ったら、今度は餌を与えてゼニガメと仲良くなりましょう。でも、カメっていったい何を食べているの?? PART2では、そんなカメの食事についてご紹介します。

★ゼニガメに餌をあげてみよう!
無事に生活環境が整ったら、いよいよ食事の時間です。基本的にゼニガメは雑食性の動物なので、色々なものを食べますが、大事なことはバランスよく1回で食べきれる量を与えることです。食べ残しがあると水が濁る原因にもなり、衛生的ではありません。まずは、ゼニガメが食べられるものを確認しておきましょう。


■ゼニガメが食べられるもの
【カメ専用フード】
カメのために作られたフードなので、栄養のバランスがよく、パッケージに書かれた指示に従って与えていればOK! 初めて飼う人でも安心です。

餌の与えすぎは、水が濁る原因になるので気をつけましょう!








水で少しふやかしてから指に乗せ、カメの前に持っていってあげれば、指からも餌を食べてくれるかもしれません。最初は食べてくれなくても何度か日を分けてチャレンジしているうちに食べてくれるようになります。カメとよりコミュニケーションをとりたければ、この与え方がオススメです。




【専用フード以外の餌:動物性たんぱく質】
嗜好性が高いので、食欲が落ちたときやカメ用フードを受けつけないときなどに与えると効果的です。ゼニガメは以下のようなものを好んで食べます。
**ゼニガメが食べる餌**
小魚、魚の切り身、エビやカニなどの甲殻類、ミミズ、貝類、鶏肉、レバーなど


【専用フード以外の餌:野菜・果物】
ゼニガメは、成長すると(1歳以上)野菜や果物も好んで食べるようになります。与えるときは、必ずよく洗って農薬などを落とすようにしましょう。
**ゼニガメが食べる野菜・果物**
小松菜、キャベツ、レタス、ニンジン、リンゴ、バナナ
ミカンやレモンなどの酸味が強い果物は好みません


★毎日の世話の仕方
環境も整い、餌も与えたところで、最後に毎日のゼニガメの世話の仕方についてみていきましょう。

ゼニガメはカメの中では比較的飼いやすい品種だといわれていますが、そうはいってもただ毎日餌をあげることだけが世話ではありません。ゼニカメの飼育で、特に怠ってはいけないことが2つあります。それは“水を清潔に保つこと”と“日光浴をさせること”です。


■水を清潔に保つには
水を清潔に保つことは、カメの健康管理のためにとても重要です。濁った水のまま、ずっと放置しておくと、虫がわいたり病原菌が発生したりと、カメの寿命を縮めてしまうことになりかねません。いつまでも元気なカメでいてもらうためにも、2~3日に1回は水を交換してあげましょう。また、清潔な水を少しでも長く保つために、専用の薬品やろ過材を使ってみるのもいいでしょう。

■日光浴をさせよう

ゼニガメを飼う上で忘れてはならないのが日光浴です。カメをはじめとする爬虫類にとって、紫外線は骨や甲羅を形成する上で欠かせない要素となってます。ですから、できれば水槽は日当たりのいい場所に置いてあげましょう。無理なら、紫外線を発する専用の照明器具を用意し、毎日昼間(8~12時間)は照らしてあげるようにしましょう。



以上のことをしっかり守って世話してあげれば、カメは健康に育ちます。毎日カメの体を観察しながら楽しいカメとの生活を送ってみてください。


栄養バランスもバッチリな、カメ専用フードをピックアップしてみました!


GEX パック DE カメのえさ 70g
健康維持に必要なビタミンを配合した、ミドリガメ、ゼニガメに最適なカメのミックスフードです。

カメのえさ「ニューコロナ」
甲羅や骨の形成に必要なビタミンA、ビタミンD、ミネラル、カルシウムを特に強化し、栄養のバランスを考えたカメのフードです。

「ビタミン糸ミミズ」
不足しがちなビタミンがたっぷり含まれた、カメや熱帯魚用のフードです。フリーズドライ加工の与えやすいブロックタイプになっています。

かめのえさ「テトラレプトミン」
カメが必要とする植物質やミネラル分など、すべての栄養素をバランスよく消化吸収しやすい形で含んでいる、カメのための「基本食」です。
カテゴリ
フォトコン


最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。