イヌ ネコ 小動物 アクア オーナーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメと暮らそう! PART1=お迎え編=

世間で脚光を浴びている小動物といえば、ウサギやフェレット、小鳥などですが、いつの時代でもマニアの間で人気の小動物がいるのをご存じですか? じつは、それはカメなのです。中でもゼニガメ、ミドリガメは値段の手頃さと飼いやすさから、子供にも人気があります。そこで今回は、「ゼニガメ」にスポットをあてて、その特徴や飼い方などを見ていきましょう。


★ゼニガメについて知ろう!
「ゼニガメ」という名前は聞いたことがあると思いますが、実際、どんなカメなのでしょうか?

昔は、お祭りの縁日などでよく見かけられ、最近ではペットショップなどで売られている、もっとも手に入りやすいカメ、それが「ゼニガメ」です。「ゼニガメ」とは、本来は日本産の「クサガメ」と「ニホンイシガメ」という2種類のカメの幼体を指す名称でした。ところが昭和40年代から、環境破壊や海外から持ち込まれた「ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)」の影響により、日本産の「クサガメ」と「ニホンイシガメ」は大幅に減少してしまったのです。これ以降、「ゼニガメ」と称されているほとんどのカメは、外国産の「クサガメ」を指すようになり、ペットショップなどで1000円前後で販売されているカメも、ほとんどが外国産の「クサガメ」というのが現状です。



★ゼニガメ購入のポイント
飼うなら、少しでも元気に長生きしてもらいたい!! そこで健康なゼニガメを選ぶコツを紹介しましょう。

■ポイント1 目がパッチリ開いてるかをチェック
まず最初にカメの顔を見てみましょう。それも特に目に注目。病気だったり、栄養状態が悪かったりするカメは、目を閉じていることが非常に多くなります。そこでまずは、目がパッチリ開いているかをチェックします。




■ポイント2 甲羅の硬さをチェック

次に甲羅を軽く押してみましょう。紫外線不足でクル病にかかっているカメの甲羅は、柔らかく、弾力がなくなります。甲羅が硬いカメを選びましょう。





■ポイント3 足や首の皮膚に異常がないかをチェック

次のチェックポイントは、足や首などの皮膚です。脱皮した皮が足や首に残っていたり、皮膚が白くふやけていたら要注意。紫外線不足により病気にかかっている可能性があります。きれいな皮膚のカメを選びましょう。




■ポイント4 カメの動きをチェック

体をひと通りチェックしたら、次は動きをみてみましょう。カメはのんびりした生き物と思われがちですが、水に浮かんでボーッとしているようなカメや、触られて、ずっと甲羅に引っ込んだままのカメは決して健康とはいえません。活発に動き回っているカメや、触られて一度は甲羅にからだを引っ込めても、すぐに動き出すような元気なカメを選びましょう。



以上の4つのポイントをちゃんとクリアすればカメ選びは大丈夫! ゼニガメを買ってきたら、さらに丈夫で元気なカメに育て上げましょう!


★ゼニガメの飼育環境を作ろう!
さて、ゼニガメを購入したらいよいよ、カメが暮らすための場所をセッティングしてあげましょう。

■ゼニガメの飼育に必要なもの

水槽

ゼニガメ1匹に対して、幅30センチ×20センチぐらいの、広々とした、動き回ることのできる水槽を用意しましょう。


ゼニガメはそれほど泳ぎが上手くないので、水をたくさん入れすぎないようにしましょう。目安は深さ5センチぐらいです。

砂利

水の部分と陸地部分を分けるために必要です。陸地部分は砂利で作ってあげましょう。陸地と水の部分の割合は3:2ぐらいがベストです。

隠れる場所

ゼニガメはわりと臆病なカメなので、安心できるように隠れる場所を用意してあげましょう。



必要なものを揃えて、水槽を写真のようにレイアウトしてあげれば、ゼニガメは快適に生活できます。初めてカメを飼う方のために、必要なものが揃った「スターターキット」なども市販されています。



~カメと暮らすためのお役立ちアイテム~


GEX カメの楽園ST(スタンダード)
すぐにカメやカニ、ザリガニを飼い始められるセットです。カメの育て方がよくわかる飼育ガイド付き!

GEX カメの底砂 800g
ミドリガメ、ゼニガメなど水棲カメのための敷砂です。飼育水の浄化と不快な悪臭を取り除く効果があります。

GEX カメ水槽の臭い、雑菌をおさえる水 120cc
淡水カメの飼育水をきれいに保つ液剤です。安全に雑菌の繁殖を抑え、飼育水から発生する悪臭を取り除きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カテゴリ
フォトコン


最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。