イヌ ネコ 小動物 アクア オーナーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコの肉球学入門 PART2

「ピンクでぷよぷよ」「小豆のようにツヤツヤ」「ちょっと硬めでザラザラ」.... 肉球は、その触り心地など、生活する環境によって大きく左右されます。

あなたはどんな肉球がお好みですか? 自分好みのステキな肉球を育てて、飼い猫とともにストレスのない幸せな生活を送りましょう!


~肉球の色・硬さ~

肉球にもさまざまな色や模様があります。子猫から成猫に成長するにつれ、当然、肉球も成長し大きくなります。

色は、大抵は鼻や体毛の模様などと、結びついているようです。 真っ黒でピカピカなのもあれば、小豆のようなもの、斑模様のもの、ピンク色のものもありますが、体調により変化します。黒っぽい肉球ではわかりにくいのですが、ピンク色の肉球だと変化がよくわかります。知らないところや獣医師さんに連れて行かれたり、緊張や興奮をすると高揚し、白っぽいピンクだった肉球もキレイなショッキングピンクに変化します。

触り心地もぷにぷにしているかと思えば、硬めだったり、ザラザラしていたり、生活する環境によって大きく違いが現れます。完全な外猫だったり、表を出歩ける猫だと、固いアスファルトやデコボコ道を歩いている間に、肉球も鍛えられ頑強になるため、触り心地も硬めになってきます。しかし、まったく外に出たことのない猫の肉球は、言わば箱入り娘状態。過酷な外の世界へさらされていないため、肉球も柔らかさにおいては天下一品と言えるでしょう。

~肉球に癒される~

肉球好きの中には、さまざまな種類の「好き」がいます。肉球のニオイを嗅ぐのが好きな「肉球のニオイフェチ」であったり、そのぷにぷの肉球で叩かれたい「肉球猫パンチフェチ」であったり、肉球にインクを塗って手形をとりたい「肉球スタンプフェチ」など、いろいろな肉球好きな人がいます。

しかし、いちばん一般的なのは、「肉球ぷにぷにフェチ」と言えるでしょう。 猫の肉球は、ぷにぷにむぎゅむぎゅしているだけで人間のストレス解消に役立ち、精神安定剤的な効能を持ち、健康を保つうえで欠かせない万能薬であり、まさに心のオアシスなのです(たぶん)。しかも、ぷにぷにむぎゅむぎゅする行為は、スキンシップにもつながり、飼い主と飼い猫の心の絆も深まります。

近頃、少し疲れたな~と感じる人、癒しが必要な人はぜひ、猫の肉球健康法を試してみてはいかがでしょうか?


肉球を保護するための定番クリームといったらコレ!
パナズー パウケアクリーム 60g
ペットの肉球&お肌用に作られた特製保湿クリーム。保湿成分が素早く浸透して、炎症を抑えるとともに生薬バリアが雑菌をカット。外ネコさんの場合は、アスファルトダメージを軽減します。使い続けていると、細胞の老化に伴う角質化や変色を抑制して、肉球を健康に保ちます。

ペットの肉球をエステする新感覚クリーム
ピュア ナチュラルクリーム
デリケートな肉球のケア用に開発されたのが本商品。肉球に適量を塗り込み、マッサージしてあげることで、除菌や疲労回復に効果的です。原料には米国産のホホバオイルや九州産の高純度蜜蝋、オーストラリア産の天然ユーカリオイルを使用。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

カテゴリ
フォトコン


最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。