イヌ ネコ 小動物 アクア オーナーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回 知っていますか?うさぎの正しい数え方

文・写真=大里美奈(「うさぎ専門店pet's-club」代表)
構成=岡見 圭(ペットオフィス「ペット大好き!」代表)
■第7回■知っていますか?うさぎの正しい数え方 (2009.09.29)


●「1羽、2羽」と言われると、愛好家は激しく傷つきます
「1頭、2頭…」と数えてほしいんです。
みなさんは、うさぎの正しい数え方を知っていますか?
「動物は1匹、2匹だけど、うさぎだけは1羽(わ)、2羽と数えるんですよね」

そう答えたあなたは、学校で習ったことをちゃんと覚えている感心な人です。たしかに、辞書を引いてみると、うさぎの数え方は「1羽、2羽」と書いてありますよね。

でも、これは間違い…というか、うさぎ愛好家は「1羽、2羽」と言われただけで、ものすごく抵抗感を抱くんです。

“うさぎ業界”においては、正しい数え方は「1頭、2頭」。「うさぎが1頭、うさぎが2頭」…うさぎ好きの人は、私を含めて、そう数えてほしいと願っています。

そもそも、うさぎは動物なのに、なぜ「1羽、2羽」と数えられるようになったんでしょう?これには、次のような諸説があるようです。

■肉食が禁止され、モグリで食べるために鳥ということにしたから■

『日本書紀』の肉食禁止令、江戸時代の徳川綱吉の『生類憐みの令』などでは動物の肉を食べることを禁じました。どうしても食べたい人たちは、うさぎを「鵜(う)鷺(さぎ)で鳥。獣(けもの)ではない」と言い訳して、あえて鳥のように数えたとか。あるいは、長くて大きい耳が鳥の翼を連想させるため、「これは獣ではなく、鳥だ」とみなしたという説もあるようです。

■耳を束ねて持ち歩いたから■

昔、狩猟で捕まえたうさぎは耳を束ねて持ち歩いたそうです。一把(ひとつか)みにして持ったことから、「一把(いちわ)、二把(にわ)」と数えるようになり、やがて「把」の字が「羽」に転じたといわれています。

■狩猟の方法が鳥と同じだったから■

動物の中で唯一、うさぎだけは猟師が鳥と同じように網を使って捕まえたことから、数え方が鳥に準ずるようになったという説です。

…たしかに、文化や日本語の歴史としては重みのあることなんですが、どの説も煎じ詰めるとうさぎを獲物=食用にするための存在と見なしています。うさぎ愛好家にとっては、これって悲しい食用の歴史に他ならないんです。

とくにブリーダーやうさぎの専門店で不用意に「1羽、2羽」と言ったりすると、相手の心をズタズタにしてしまいます。歴史的には正しくても、ある意味デリカシーのない言葉になりかねないので注意が必要です。


●「1匹、2匹」もイヤがります
では、なぜうさぎ愛好家は「1匹、2匹」と言わず、「1頭、2頭」と数えるんでしょうか?
その答えは「なんとなく重みがないから」。うさぎ好きには「うさぎはワンちゃん、ネコちゃんに負けない立派なペットなんだ!」という意識が強いので、「1匹、2匹」って言われると、今度は軽く見られたような気持ちがしてきます。そんなこんなで「1頭、2頭」という数え方が“うさぎ界”のスタンダードになったんですね。

ちょっと意地悪なあなたに私から提案。試しにウサギ愛好家の前で「1羽、2羽」って言ってみてください。ウサギを飼っている人には、まじめで律儀で勉強家が多いので、瞬間、イラっときてもその気持ちを押し殺して、

「1頭、2頭って言ってください。そのわけはね…」

きっとそんなふうに説明を始めると思いますよ。

カテゴリ
フォトコン


最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。