イヌ ネコ 小動物 アクア オーナーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグショーを見に行ってみよう!


みなさん、ドッグショーをご存知ですか? おもに社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC)などが行っている、犬の品評会のことです。
ブリーダーや一部の人たちの間で閉鎖的に行なわれているように思われがちなこのドッグショーですが、実は自由に見学ができる、 楽しいイベントなのです(場所によって入場料が発生しますが)。そこで今回は、意外と知られていない、ドッグショーの世界についてご紹介します!


★ドッグショーでは何を基準に順位を決めるの?

それぞれの犬種ごとに定められた「スタンダード(犬種標準)」といわれる理想像に、より近いかどうかを判断します。審査員はスタンダードを満たす見た目の美しさはもちろん、


・その日のコンディション
・おびえたり攻撃的にならない精神力
・全体のバランス
・人をひきつける魅力


などを見ます。選考基準が“ただ美しいだけでなく、その日に合わせて最高のコンディションを作れる魅力あるキャラクター”なんて、ちょっとミス・ユニバースに似ていますよね。

確かにショーに出る犬達は、人に見られながら走ることを「楽しい」と感じている子が多いのも事実。「大勢の人に拍手されて、盛り上がる中を颯爽と走る僕ってかっこいい~」って感じです。


★審査はトーナメント形式です

実際にドッグショーに出かけて戸惑うのは、ルールがよくわからないということ。ドッグショーの規模や形式によって多少違いますが、まずは各犬種ごとに牡と牝に分けて審査がスタートします。そこからナンバー1が決定するまでの流れを簡単に説明すると、このようになります。



(1)まずは、それぞれの犬種ごとに、牡の1番と牝の1番を決定します。これを
BOB(ベスト・オブ・ブリード)といいます。

(2) そのあと、このBOBを獲得した犬たちをグループごとに審査し、
BIG(ベスト・イン・グループ)を決定します。
※犬種はその役目ごとに、10グループに分類されています。

(3) それぞれ勝ちあがってきた、各グループごとのBIGたちが準決勝戦を行い、牡の総合一番
(キング)と、牝の総合一番(クイーン)を決めます。

(4) 最後に、キングとクイーンのいずれかが、そのショーの最高栄誉である
BIS(ベスト・イン・ショウ)に選ばれます。

ほかにも、
「単独展」と言われる犬種ごとのドッグショーもあります(たとえば、チワワだけが出るドッグショーなど)。その犬種に愛着がある方には、こちらのほうが楽しいかもしれませんね。この場合は、パピーからチャンピオン犬まで、年齢やランクにわけて審査されます。




★愛犬を連れて見に行ってもいい?


愛犬同伴はOKです。ただし、見学マナーを守ってドッグショーの邪魔にならないよう配慮することが大切です。犬好きなら、綺麗な出陳犬を見て「触りたい~」と誰でも思うでしょうが、ドッグショーにあわせてトリミングしてきた犬達には、絶対に触らないようにしてください。犬にカメラのフラッシュを向けることも、要注意です。

また、 発情期の愛犬を連れてくることも絶対にNG。牡犬達がその子に気をとられて、通常のパフォーマンスができなくなってしまいます。小さなコなら抱っこ、またはキャリーバッグやカートに入れて連れていくのが一番です。


★うちの子も出てみたいんだけど?

JKC主催のドッグショーの場合、出陳条件は以下のふたつ。
・オーナーがJKCの会員であること
・出陳する犬は、そのJKC会員名義の登録犬であること

発情期や去勢済みの犬、噛み癖のある犬、病気の犬以外は、プロでなくても参加OKです。

ただ、いきなり行っても戸惑うばかりなので、まずはJKCが行っている
「オーナーハンドラー講習会」に参加してみては? 「ジュニアハンドラー」という、子供達が活躍する部門もあります!



もちろん、純血種もミックス犬も、犬としてそれぞれのキャラクターやかわいらしさ、賢さを備えていて、どちらがいいということは、まったくくありません。

でも、もし「純血種が好き」「純血種を飼ってみたい」と思っている方は、ぜひドッグショーに遊びに行ってみてください。美しく賢い、キャラクター豊かな犬達が華麗に走る姿を見ることができますよ!

また、これから新しく家族を迎えようとしているときは、さまざまな犬種を実際に見ることもできますし、お目当ての犬種の本来の姿や大きさをチェックできるチャンスです。ペットショップで子犬だけを見て愛犬を選び、大きくなってビックリ!なんてことも避けられて、安心です。



★ショードッグ御用達アイテムをピックアップ
ショードッグのお手入れをマネして、もっとキレイなうちの子に♪


ラファンシーズ シリーズ
トリマーやドッグショー関係者に愛用者が多い、信頼のブランドといえば、やっぱり「ラファンシーズ」です!

ラファンシーズ P.P.Tコートリコンディショナー 200ml
さらにワンランク上のキレイをねらいたい場合はコチラがおすすめです。本格的なトリートメントで、切れ毛を防いでゴージャスな被毛に!

オレンジX 800ml
少量(100倍希釈程度)の「オレンジX」をお湯に入れて、クレンジング液を作りましょう。その液にタオルを浸して軽く 絞ったら、全身を湯ぶきしてあげてください。 ニオイや汚れが取れて、シャンプーの回数も減らせます。お散歩帰りの湯ぶき習慣で、いつもキレイに!

APDCシリーズ
アフガン・ハウンドのブリーダーが開発したシリーズ。使いやすいお値段なのに、品質は本物。サラサラの軽い仕上がりが特徴です。長く続くいい香りも人気のヒミツ。

アニマストラス
身体が資本のショードッグ達はお食事やサプリメントにも気を配って、最高のコンディションでいられるようにしています。
スポンサーサイト

オウムってどんな鳥なの?


オウムってどんな鳥?

ペットとして有名な小鳥さんといえば、セキセイインコやオカメインコなどでしょう。人によくなつき、おしゃべりしたり、歌を歌ったりして、私たちを楽しませてくれる最高のコンパニオンバードです。

でも、そんな世間一般に名前が知られているメジャーな小鳥さんたちよりも、もう少し体が大きなオウムについては、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか? ざっくりと
「なんかインコより大きい」とか、「なんかしゃべる」とか、「トサカみたいなのがあったっけ?」とか、イメージがモヤモヤモヤ~っとしていませんか? 今回のペッ宅では、そんな知っているようであまり知られていないオウムの世界をご紹介していこうと思います。


◆インコとオウムの違いってなに?
まず“オウム”と聞いて立ちはだかる疑問が、「インコとなにが違うの?」ということです。一般的に言われているオウムの定義は
「冠羽(頭のてっぺんに生えている長い羽)があって、インコ・オウム類のなかでは体が大きめ」というもの。

学術名で見てみると、インコとオウムは以下のように種類が分かれています。

つまり、インコとオウムはすべて
「オウムの仲間」ということができるわけです。しかし、ここで問題があります。「Psittaciformes」という学術名を日本語では「オウム目」と呼んでいますが、じつはこれが正確な和名というわけではなく、「インコ目」と呼ぶ場合もあるそうなのです。そうなると話はガラっと変わって、インコもオウムも「インコの仲間」ということになります。

……頭が混乱してきそうですね。学術上、「オウム目(Psittaciformes)」は「インコ科(Psittacidae)」と「オウム科(Cacatuidae)」に分かれています。これはもちろん、
「オウム科の鳥には冠羽や胆嚢がある」といった体の構造の違いによって、はっきりと分類されています。ですが、日本語の品種名として、インコ、オウムの分類はとても曖昧。オカメインコやモモイロインコはじつは「オウム目オウム科」だったりします。また、オウム(鸚鵡)と名前が似ているヨウム(洋鵡)は「オウム目インコ科」の大型インコ。


体は小さいけれどじつはオウム科のオカメインコ
(写真はペッ宅スタッフのオカメインコ、ぺぺ)

……だんだん頭が痛くなってきました。それとともに、今までの人生で「インコとオウムの違い」がモヤモヤモヤ~っとしていた理由が分かる気がしてきました。オウム目でもインコ目でもどちらでもOKといった“和名の付け方の曖昧さ”がモヤモヤ感を生み出している原因のひとつになっているのではないでしょうか?

「インコとオウムの違いは?」と問われれば、学術的に説明がつきます。簡単に言うと、前述のように「冠羽があって、体が大きめの鳥」ぐらいの認識で概ね間違いないでしょう。ちなみにオウム目オウム科の鳥は意外と少なく、
全部で約20種類程度ですので、それらの種類について詳しく勉強して、オウム博士を目指すのもいいかもしれません。

ただし世間一般的に、冠羽がなくても、体が大きめのインコは大体“オウム”と呼んだりします。しかし、これも大きなくくりでみれば“オウム目”なので、あながち間違いとは言えません。

こうやってオウムとインコの違いについて読み解いていくうちに「インコでもオウムでも、もうどっちでもいいじゃない。どっちにしてもかわいいじゃない」という気分になってくるのは、きっと筆者だけではないはずです。


オウム科のコバタン
黄色い冠羽がキュートです♪

◆オウムの魅力を知ろう!
みなさんがオウムと聞いて思い浮かべる姿にわりと近いのが
「コバタン」だと思います。体全体が白くて、冠羽が黄色いチャーミングなオウムです。

名前もチャーミングで、親しみやすい響きですね。このほかコバタンの仲間には、キバタンやオオバタンがいます。なんとなく小林さんや木場さんや大場さんといった苗字が脳裏をよぎりますが、“コバ・タン”“キバ・タン”“オオバ・タン”ではなくて、
“コ・バタン”“キ・バタン”“オオ・バタン”が正しい区切りです。つまりコバタンは小さいバタン(芭旦)ということです。

コバタンはインドネシア諸島が原産の、全長が30cmぐらいのオウムです。小さいインコたちと同様に、人によくなつき
、歌ったり踊ったりするのが大好きで、人の言葉も覚えます。とくにオウムにはダンスの名人が多いようで、YouTubeで「Parrot Dance」などで検索すると、音楽に合わせてステップを踏みながら、頭をブンブン振りまわして楽しそうに踊るオウムの動画がいろいろ見られます。(とくに「Best Parrot Dance Ever」というタイトルの動画がオススメです。コバタンと思われるオウムが、バックストリートボーイズの曲に合わせて、完璧なダンスを披露していて、一瞬CGかと勘違いするほど!)


オウムは親子三代で飼う覚悟が
必要とも言われるほど長寿です

コバタンなど、オウムはとても魅力的なコンパニオンバードと言えますが、飼うとなると相当な覚悟が必要です。まず、オウムは大概長寿です。コバタンを例に挙げると、平均寿命が40年とも50年とも言われています。また、多くのオウムはご近所に響き渡るような大声で鳴くため、飼育環境にも気遣わなければいけません。さらに病気になったときのことを考え、オウムの専門知識がある獣医師を見つける必要があり、飼育の難易度が高いペットと言えます。

また、野生のオウムはペットとして乱獲されて数が激減したため、オウム目のすべての種
(セキセイインコ、オカメインコなど、一部の種類を除く)ワシントン条約の保護下にあり、ペットとして飼えるのは、人の手で繁殖された生体のみであることも知っておきたい事実です。

自分のお家で飼うのが難しい場合は、飼っている人のブログや動画を見て癒されるのがオススメ。飼い主にしか見せない甘えん坊なオウムの姿に癒されることでしょう。知れば知るほど魅力的なオウムの世界、ぜひあなたも覗いてみてくださいね!


●参考文献
決定版ペットバード百科(誠文堂新光社)/大型鳥・猛禽類の飼い方(有紀書房)/やさしい小鳥の飼い方(有紀書房)/Wikipedia


◆オウムにオススメのペットグッズはこちら

三晃商会 スパイラルパーチ L90
自然のツルを利用した、ねじれた形の止まり木です。天然物のため、1個として同じ形がありません。熱帯ジャングルの雰囲気をかもし出す、楽しい遊び場としてどうぞ!

三晃商会 バード・トイ ハンガー M
天然木をメインに使用した小鳥用おもちゃで、小鳥がかじって遊べるいろいろな素材がぶら下がっています。大きめサイズです。

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

第7回 デールの冬の1日

ペッ宅★コラム

こんにちは! ペッ宅スタッフの「ねずっち」です☆

12月になって、段々と寒くなってきましたね。朝は、私もデールもぬくぬくとしたお布団から出られなくってきました・・・。そんな寒がりなデールの、冬の過ごし方をご紹介します♪(^▽^)/


●冬の身支度をしよう!

乾燥が気になるこの季節。肉球がカサカサ気味のデールさんは、「パナズー パウケアクリーム」を肉球にぬりぬり・・・。お散歩前や後に、お手入れするのが日課です。保湿成分が、デールのカサカサになりがちな肉球をプニプニに保ってくれます♪

その後はワンちゃん用ブーツ「ホット・ドッガーズ」を履きます。スポっと足を入れて、マジックテープで留めるだけなので、履かせるのがとっても簡単♪ ふわふわで柔らかいフリース生地が、肉球を保護して暖かく守ってくれるので、凍った路面や雪道などでも歩くことができます。

「これなら、路面が冷たい道でもポカポカ歩けるワン♪」

さてさて、最後にお洋服を着ます。今日のお洋服は「ホットドッグ スウェットパーカー」。着心地バツグンで、寒い日のルームウェアとしても大活躍!! また、ほかのお洋服の下に着て、重ね着スタイルを楽しむこともできます♪


・・・なんだか、いちごみたいですね(笑)。

「着やすくてあったかいワン。これなら寒いお外も大丈夫だワンッ♪」

さあ、いちごを連れてお散歩開始です。ぷぷぷ(笑)。


●自由が丘のおしゃれカフェでごはんだワン♪


今日は、自由が丘に来てみました♪ 防寒対策ばっちりのデールさんと、楽しくお散歩開始。自由が丘には初めて来たのですが、オシャレな街並みで、デールもわたしもドキドキでした(笑)。

「なんだかとってもオシャレですワン。あ、ドッグカフェを発見したワン!」

ということで、おいしい香りに敏感なデールに連れられて、オシャレなドッグカフェに入ることにしました。


腹ぺこデールのために、今日は奮発しておいしそうなワンちゃん用のお料理を注文してあげました♪ お料理がくるとデールさんはそわそわ。食べたい気持ちを必死に抑えて、真剣な顔つきになっています(笑)。

「ぼくの大好きなタマゴ料理。・・・まだ食べちゃダメですかワン??」


一気にあげるとすぐに食べてしまうので、手から少しずつパクパク・・・。

「もしゃもしゃ・・・おいしいワン♪」

テラスでのお食事だったので、冷たい風がピューピュー。デールさん、少しだけ寒そうな顔をしていたので、「H.t.O 2WAYフリースブランケット」をくるっと巻いて、防寒対策OK! ボタンで前を留めることができるので、とっても便利です♪

さあ、お腹もいっぱいになったところで、今日はペッ宅のワンコモデルとして、写真撮影をするために公園に移動です!! デールさん、お仕事ですよ!!


●公園で写真撮影のお仕事だワン~♪

公園に到着すると、広場の真ん中になぜか「かかし」が立っていました。初めて見るかかしに、オドオドするデール。(写真を見る限り、ニラみをきかせてるように見えますね。笑)


「はじめまして。ぼ、ぼく、デンデンです」

かかしさんに挨拶したところで、お仕事開始です♪


今日は黒ラブちゃんと一緒のお仕事だったので、記念にパチリ。最初は緊張していたデールも、最後の方は上手にごあいさつできていました♪ みんな同じ方向を向いていますが、視線の先にはおもちゃが(笑)。みんな真剣な顔でおもちゃを狙っています。

お仕事もたくさんして、いっぱい歩いて、少しお疲れ気味のデールでしたが、カメラを向けるとしっかりとカメラ目線してくれました。


・・・なんだか、綿菓子みたいですね(笑)。今日も1日お疲れさまでした! ゆっくりおうちで休んでね♪




▼ 今回のおすすめペットグッズはこちら♪ ▼

ペットの足裏と皮膚を保護する植物性のクリーム
パナズー パウケアクリーム
肉球保護クリームといえばコレ! 肉球に塗布すると、保湿成分が素早く浸透して、炎症を抑えるとともに生薬バリアが雑菌をカット。アスファルトダメージを軽減します。サラっとした質感のノンオイル仕様で、床が汚れにくく、ペットが舐めても安心です。
軽くて丈夫で脱げにくい愛犬用のブーツ
ホット・ドッガーズ
冬は凍った路面や雪道から足裏を守り、夏は熱したアスファルトによる肉球の火傷を防ぎます。履き口が広めだから楽に装着可能。足首の形状に合わせて調整でき、脱げにくい構造になっています。XXS~XLまで、サイズを豊富にご用意しています。
ミニ裏毛素材を使用した着心地のいいドッグウェア
ホットドッグ スウェットパーカー
シンプルなデザインのスウェットパーカーです。寒がりのワンちゃんのドッグウェアとして、また、オシャレ着としてどうぞ。ヘビーウェイトの生地を使用しているので、シワになりにくいのもうれしいポイント♪ 12サイズ、4色ご用意しています。
ペット用ブランケット&キッズマフラーに♪
H.t.O 2WAYフリースブランケット

オーナー用のひざ掛けや、ペット用のブランケットにしてお使いいただけるフリース素材のブランケットです。今流行りの“森ガール”が好みそうな、北欧系デザインがキュート♪ サイドについたボタンで留めれば、子どもやペットの体に巻きつけることもできます。

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

カテゴリ
フォトコン


最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。