イヌ ネコ 小動物 アクア オーナーズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の五感はどれくらい発達しているのか?

一般に犬や猫といった動物は、人間に比べてはるかに身体能力が高く、五感も優れていると思われがちです。では、嗅覚、視覚、聴覚、味覚、触覚など、実際に猫はどのくらい五感が発達しているのでしょうか? その秘密を探ってみました。


【嗅覚】
嗅覚の発達した動物といえばすぐに犬を連想しますが、猫の嗅覚もなかなかたいしたもの。もちろん、嗅覚が人間の100万倍あると言われる犬には負けますが、猫のニオイを嗅ぎとる細胞は人間の2倍、またニオイを嗅ぎ分ける嗅覚は人間の数万~数十万倍あるといわれています。猫は、仲間や性別、上下関係、縄張りといったさまざまな情報を、ニオイを嗅ぐことで取得・判断しているのです。


【視覚】
まん丸くて大きな目をした猫は、人間に比べてとても目がいい動物だろうと思ってしまいそうですが、じつはそうでもありません。猫は人間に比べて近眼で、その視力は人間の10分の1程度といわれています。動かないものだと、せいぜい10~20メートル先のものしか見えません。しかし動くものには敏感で、50メートル先のものでも動けば暗くても反応します。また、人間に比べてはるかに夜目は効き、タペタムという反射板で光を反射させて暗いところでも小さな虫を見つけだすことができます。

【聴覚】
猫は耳に頼って生きているといっても過言ではないほど、聴覚の発達した動物です。人間は周波数2万ヘルツ程度の音までしか聞き取れないのに対し、猫は6万ヘルツもの超音波まで聞き取ることができます。また、猫の耳にはレーダーような機能があり、自分から音のした物体までの距離を正確に測ることができます。おまけに、猫は両耳を別々に動かし、それぞれの耳から入ってくる音を聞き分ける能力をもっています。猫にとって、五感の中で最もすぐれているのが聴覚なのです。


【味覚】
猫の飼い主にとっては、猫は味にうるさいグルメな生き物だというのが一般的でしょう。しかし、猫の味覚はそれほどでもないようです。猫はもっぱらニオイによって食べ物のおいしさを判断しているからです。もちろん、人間と同じく味蕾という味を感じる細胞があるため、苦み、甘み、酸味、塩辛さを感じることはできますが、味覚の点では人間のほうがはるかに上と言えるでしょう。

【触覚】
猫の触覚といった場合、それはほぼヒゲの機能を意味します。犬や猫のヒゲは「触毛」といって、非常に重要な感覚器官なのです。猫の触毛はじつは顔だけでなく全身のあちこちに生えていて、いわばアンテナやレーダーの役割をはたしています。この触毛の根元には多くの神経細胞が集まっていて、わずかな刺激でも敏感に感じ取ることができます。猫のヒゲは風向きや湿度や気圧の変化を感じ取ったり、周囲の障害物との距離を感じ取ったりと、猫が生きていく上で重要な情報を収集する役割をもっています。冗談でも勝手に切ったりしないようにしてください。


ペットの消臭剤
ミラクリーン
「ミラクリーン」を壁や床にスプレーすると、スプレーした部分からイオンが飛び立っていきます。悪臭源が壁の奥深くなどに染みこんでいる場合でも、イオンを放出し続け、わき出てくるニオイを破壊します。
お口スッキリおやつ。 美味しく楽しく口臭予防♪
グリニーズキャット サーモン
「グリニーズキャット」は、ワンちゃん用と同様に おいしくて、息が爽やかになるなどの効果のあるネコちゃん用おやつです。  研磨作用で歯垢を落とし、ネコちゃんの息を爽やかにします。
大きなダリアをあしらったネコちゃん用カラー
French Lucky CAT ダリアの猫用首輪
「French Lucky CAT ダリアの猫用首輪」は、深みのある上品な色合いのカラーに大きなダリアの花をあしらった、オシャレで可愛いネコちゃん用カラーです。
スポンサーサイト

猫はなぜ狭いところが好きなのか?

たいていの猫は、いかにも窮屈そうな狭いところが大好き。でも、どうしてそんな狭苦しいところが好きなのでしょうか? ちょっと考えてみました。


猫は狭いところに何を求めているのか?

一度でも猫を飼ったことのある人なら、猫が狭いところに好んで入りたがることをよくご存じでしょう。

ダンボール箱を開けて中身を取り出せば、そのダンボール箱の中に飛び込みたがり、あるいは買い物袋の中に入りたがったり、新聞紙や布団の下に入りたがったり、押し入れの隙間や布団と布団の間に入りたがったりします。猫飼いにとって、そんな光景は日常茶飯事といえるでしょう。

では、どうして猫はそんなに狭いところにばかり好んで入りたがるのでしょうか?

動物行動学上の最新の研究結果があるのかどうかはわかりませんが、猫が狭いところを好むのにはどうやら諸説あるようです。

まず、生来のハンターである猫は、「敵や獲物から身を隠すために狭いところに入りたがる」という説があります。たしかに、猫という動物は自分から積極的に動いて獲物を仕留めるのではなく、じっと身を潜めて獲物に襲いかかるという狩をしますので、そういう意味ではこの説には納得がいきます。

次に考えられるのが、「もともと猫の先祖が岩場の隙間などの狭いところで暮らしていたから」という説です。最新の遺伝子解析の結果、猫の先祖は中東の砂漠などに生息するリビアヤマネコだった、とする説が発表されています。それが本当なら、砂漠の中の狭い岩場で暮らしていた猫族が、そもそも狭いところが大好きなのは当然といえるかもしれません。

また別の説として、「猫は自分の体の一部が何かに触れていると安心するため」というのがあります。しかし、十分に安全な家の中で飼われている猫は、必ずしも常に何かに触れている状況にいるわけでもなく、安心して暮らしているように見えます。まあ、この説に関しては、本当かどうかは猫に聞いてみないことにはわからない、といったところでしょうか。

ネコちゃんが安心できる快適なキャリーバッグ

家の中で飼っている猫ちゃんを動物病院に連れていったり、飼い主の外出時に一緒に連れ出したりしたいとき、猫にとっては「どうやって運ばれるか」が重要な問題になります。

飼い主としてはもちろん、猫が安心して快適にいられる空間(キャリーバッグ)を用意する必要があります。

家猫にしてみれば、わざわざバッグに入れられて病院や外に出たいわけではありません。だからこそ、なおさら猫にとって居心地のいいキャリーバッグが必要になる、というわけです。

キャリーバッグを買い求める際には、ちょっと猫目線になって商品のことを考えてみる。そんなつもりで選んでみてはどうでしょうか。


ネコちゃんの習性を生かしたかわいいキャリーバッグ
猫くるりんバッグ
ネコちゃんのシルエットをモチーフにした、とっても可愛い2Wayタイプのキャリーバッグです♪しかも!今話題のネコ鍋をヒントに開発された、“まる~い”形のキャリーバッグです。
ペットの快適と安全を提供する、ベッド兼キャリーバッグ
sleepypod
イヌもネコも、いつでも快適さと安全を求めています。旅行や外出に行くときのキャリーバッグも、普段から慣れ親しんだものを使用することにより、外出時のストレスも少なくなるに違いありません。ベッド兼キャリーバッグとして使えるこの「sleepypod」で、より快適な空間をペットにプレゼントしませんか。♪
愛猫を病院に連れて行くのに便利なネットタイプの保定用具
猫用キャリーインナー にゃんぷくろ
ネコちゃんは病院が苦手です。パニック状態に陥ると飼い主さんでも制止がきかず、思わぬ事故につながりかねません。そんな時、役に立つのが「猫用キャリーインナー にゃんぷくろ」。ソフトな素材でできたネットタイプの保定用具です。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

猫はコタツで丸くなる?

冬になると寒がりの猫は、できるだけ暖かくて快適な場所を求めて移動し、そこで丸くなって眠ります。今回は、そんな猫の特性について考えてみました。


猫は本当にコタツで丸くなるのか?

童謡の「雪やこんこ」の歌詞の中に、雪やアラレが降りやまない状況になったとき、「犬は喜び庭かけまわり、猫はコタツで丸くなる」という一節があります。

犬の話はさておくとして、たしかに猫には寒い冬場は体を丸めて眠ってばかりいる、というイメージがあります。では、「雪やこんこ」の歌詞のように、猫は本当にコタツの中で丸くなっているのでしょうか?

猫を飼ったことのある人ならよくおわかりのように、寒い冬、暖かなコタツの中にいる猫は、基本的には体を丸めて眠る、というようなことはありません。

真実はむしろその逆で、コタツの中の猫は、体をだらりと長く伸ばすようにして眠っているか、どうかすれば怠惰に腹を見せるようにして仰向けになって眠っています。

猫が体を丸めて眠るのは、寒い冬場に体温を下げないようにしているためで、「保温」のための体勢をとっているわけです。したがって、暖かなコタツの中では、猫は体を丸める必要がありません。

睡眠状態の猫が、体をだらりと伸ばしたり、仰向けになっていたりするのは、体温調節のために放熱しようとしているからです。猫にとってポカポカと暖かなコタツの中は、夏場と似たような環境といえるでしょう。





ネコちゃんのために快適な場所を用意しましょう

猫は、暑ければ冷たいところを求めて移動し、寒ければ暖かなところを求めて移動します。

1日の中で、起きて行動している時間よりも、眠って体を休めている時間のほうが圧倒的に長い猫族にとって、快適に睡眠のとれる場所を探すことは、もっとも重要な仕事の一つとも言えるのです。

そんな優雅な猫族に幸せに暮らしてもらうには、飼い主である人間が愛猫にとって快適な場所をいくつか用意してやるといいでしょう。

何が猫にとって本当に快適な場所なのかは、それぞれの猫に聞いてみないことにはわかりませんが、猫用のベッドやクッション、猫ハウス、猫ちぐらといったものは、総じて猫ウケがいいようです。余裕があればいくつか用意して、気まぐれなネコちゃんに気に入ったものを選んでもらうといいでしょう。


年間通して使える♪室内ソフトハウス
にゃんこハウス
「にゃんこハウス」は、オールシーズン使えるやわらか素材でできた、おうちの形をしたネコちゃん用の室内ソフトハウスです。
やわらかな肌触りのスーパーソフトボア
NEWふわモコクッションボール
ネコちゃんが安心して眠れるボール型クッションベッドです。スーパーソフトボア生地のふわふわな肌触りが、ワンちゃん、ネコちゃんをやさしく包み込みます。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ネコの肉球学入門 PART2

「ピンクでぷよぷよ」「小豆のようにツヤツヤ」「ちょっと硬めでザラザラ」.... 肉球は、その触り心地など、生活する環境によって大きく左右されます。

あなたはどんな肉球がお好みですか? 自分好みのステキな肉球を育てて、飼い猫とともにストレスのない幸せな生活を送りましょう!


~肉球の色・硬さ~

肉球にもさまざまな色や模様があります。子猫から成猫に成長するにつれ、当然、肉球も成長し大きくなります。

色は、大抵は鼻や体毛の模様などと、結びついているようです。 真っ黒でピカピカなのもあれば、小豆のようなもの、斑模様のもの、ピンク色のものもありますが、体調により変化します。黒っぽい肉球ではわかりにくいのですが、ピンク色の肉球だと変化がよくわかります。知らないところや獣医師さんに連れて行かれたり、緊張や興奮をすると高揚し、白っぽいピンクだった肉球もキレイなショッキングピンクに変化します。

触り心地もぷにぷにしているかと思えば、硬めだったり、ザラザラしていたり、生活する環境によって大きく違いが現れます。完全な外猫だったり、表を出歩ける猫だと、固いアスファルトやデコボコ道を歩いている間に、肉球も鍛えられ頑強になるため、触り心地も硬めになってきます。しかし、まったく外に出たことのない猫の肉球は、言わば箱入り娘状態。過酷な外の世界へさらされていないため、肉球も柔らかさにおいては天下一品と言えるでしょう。

~肉球に癒される~

肉球好きの中には、さまざまな種類の「好き」がいます。肉球のニオイを嗅ぐのが好きな「肉球のニオイフェチ」であったり、そのぷにぷの肉球で叩かれたい「肉球猫パンチフェチ」であったり、肉球にインクを塗って手形をとりたい「肉球スタンプフェチ」など、いろいろな肉球好きな人がいます。

しかし、いちばん一般的なのは、「肉球ぷにぷにフェチ」と言えるでしょう。 猫の肉球は、ぷにぷにむぎゅむぎゅしているだけで人間のストレス解消に役立ち、精神安定剤的な効能を持ち、健康を保つうえで欠かせない万能薬であり、まさに心のオアシスなのです(たぶん)。しかも、ぷにぷにむぎゅむぎゅする行為は、スキンシップにもつながり、飼い主と飼い猫の心の絆も深まります。

近頃、少し疲れたな~と感じる人、癒しが必要な人はぜひ、猫の肉球健康法を試してみてはいかがでしょうか?


肉球を保護するための定番クリームといったらコレ!
パナズー パウケアクリーム 60g
ペットの肉球&お肌用に作られた特製保湿クリーム。保湿成分が素早く浸透して、炎症を抑えるとともに生薬バリアが雑菌をカット。外ネコさんの場合は、アスファルトダメージを軽減します。使い続けていると、細胞の老化に伴う角質化や変色を抑制して、肉球を健康に保ちます。

ペットの肉球をエステする新感覚クリーム
ピュア ナチュラルクリーム
デリケートな肉球のケア用に開発されたのが本商品。肉球に適量を塗り込み、マッサージしてあげることで、除菌や疲労回復に効果的です。原料には米国産のホホバオイルや九州産の高純度蜜蝋、オーストラリア産の天然ユーカリオイルを使用。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

キャットハンモック--猫は気持ちいいところが大好き!

猫は誰に教えられなくても、自分にとってもっとも気持ちのいい場所を見つけて、そこで長らくくつろぎます。逆にいえば、飼い主が気持ちのいい場所を提供してやることができれば、猫たちはそこで安心してくつろぐことができます。今回はそんな「快適な場所」として最適な商品である「キャットハンモック」をご紹介しましょう。


猫はなぜ高いところが好きなのか?

猫族の特徴のひとつに、「猫は高いところが好き」というのがあります。これにはいくつかの理由が考えられます。

一つが、猫にとって高いところは安全な隠れ家だということです。猫の祖先はヤマネコだと考えられていますが、ヤマネコは敵に追われたときには木の上に登って安全を確保します。つまり猫にとって高いところは、本能的に安心できる場所なのです。

次に考えられる理由としては、猫にとって高いところは優位に立てる場所だという点です。相手よりも自分を少しでも高く大きく見せることは、猫にとってとても重要なことなのです。

さらにもう一点、家猫が高い場所を好むのは、そこが快適な場所であるからにほかなりません。夏場であれば高い場所は風がとおりやすく、冬場であれば空気の対流の関係で床よりも温かい、ということが考えられます。

いずれにしろ猫たちは、高い場所と快適な場所が大好きなのです。


ネコちゃんはハンモックで優雅にくつろぐ


家の中で高い場所といえば、キャットタワーやタンスや本棚の上ということになりますが、猫にとって「快適な場所」となると、それ以外にじつにさまざまなところが該当します。

猫用ベッドはもちろん、人間の布団や座布団や衣類の上、押入れの中、机や椅子の上、また、場合によっては洗濯機や冷蔵庫の上など、家庭によってそれこそ多種多様でしょう。

今回ご紹介するアドメイトの「キャットハンモック」は、文字通り猫のために作られた専用のハンモックで、飼い主が手軽に提供できる「快適な場所」となるでしょう。


このキャットハンモック、組み立てはとっても簡単です。まずは木製の足場を十字型に組んでネジ止めした後、クロスを四方のフックにかけるだけ。全体を組み立てるのに、ものの数分で完了します。

また、安定感のある低層タイプで、4本の脚の裏には滑り止めもついているため、大きなネコちゃんが飛び乗っても倒れにくい構造になっています。

実際、写真のなると君(♂・5歳)は体重8キロほどもある大きなベンガル猫ですが、飛び乗っても飛び降りても、ハンモックは動きませんでした。

この商品はハンモックであると同時に、ネコちゃんにとっては安心して眠れるベッドにもなります。まさに一石二鳥のオススメ商品で、飼い主にとってもネコちゃんにとっても、満足度の高い快適グッズだといえるでしょう。



低層タイプで安定感バツグンのキャットハンモック
アドメイト キャットハンモック
「アドメイト キャットハンモック」は、ネコちゃんがゆったりリラックスできる、安定感バツグンの低層タイプのおしゃれなハンモックタイプのベッドです。
カテゴリ
フォトコン


最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。